事業資金を得るために

自分で何かしらの事業を興そうとしている、独立開業しようとしている人の場合、最初の資本が必要になることが多いでしょう。最近はインターネットなどを利用して小さくスタートする人も多いようですが、お店を構える、会社を興すとなってくると数十万円、数百万円単位での費用が必要になります。

これらの費用。あなたは自分の貯金だけで賄うことができるでしょうか?ほとんどの方が無理と言っていいでしょう。そういった時に役に立つのが、事業資金の融資です。

金融機関だけでなく、自治体が提供しているようなものもあります。中には、返済の義務がないようなものもありますので、是非チェックされてみてください。

 

【起業サポートをする自治体が増えている】

若者の起業をサポートする自治体が多くなっています。

起業をして成功すれば、その地域での雇用が生まれることにもなりますし、地域の活性化にもつながります。

そのため、自治体側も積極的に有志を募って資金援助をするのです。コンペ形式のことが多いのですが、例えば補助金という形でしっかりとお金を得ることもできるようになります。

 

融資を受ける際にも、無利子のモノから超低金利のものまでいろいろな融資プランが用意されています。是非活用されてみてください。

 

【銀行から融資が受けられない場合…】

以前、借金関連で問題があったことがあり、銀行からの融資を断られてしまった…という人もいるかもしれません。

でも安心してください。消費者金融でも、こういった事業性の融資を扱っているのです。

金利は若干高めですが、事業資金として利用することができます。もちろん、フリーローンなどよりは金利は安くなっていますので安心してください。

人生最大の住宅ローン

cropped-a.jpg

人生の中で最も高い融資を受けるとすれば、事業をしている人は省いて、住宅ローンと言えるでしょう。
契約金額何百万円、何千万円単位。返済期間も20年、30年といった風にかなりの長期間となってきます。金融機関のほとんどが住宅ローンを準備しています。将来的にマイホームを買うと考えている人も多いでしょう。そういった人は、しっかりと若いうちから与信を育てておく必要があります。

今回の記事では、住宅ローンを組む際に少しでも有利になる方法について、ご紹介していきたいと思います。

 

【ネットバンキング系のローン審査が甘い】

最近多くなっているネットバンキング。

これらの金融機関になってくると、通常の銀行などよりも審査の基準が甘くなっています。与信に自信がない人はこういったところで選んでみるといいでしょう。

 

但し、借りられる金額が、通常の銀行よりも低いケースがほとんどですので、大型のローンを組みたい人には向いていないかもしれません。

とにかく審査に通りたいと思っている人におすすめのローンです。

 

【一括審査申し込みは有利か?】

住宅ローンの申し込み。もし通過しなかったらいくつかの金融機関にあたることになります。でも、結構な手間と時間がかかりますし、何より面倒ですよね?精神的にもちょっときつくなってくるかもしれません。

そういった人におすすめしたいのが、住宅ローンの一括審査。

必要項目を記入すると、金融機関に一度に審査申し込みをすることができます。

オリックス銀行、ソニー銀行などの外資系ネットバンキングが対象となっており、こういったサービスを活用して住宅ローンを見つける人も増えているようです。

 

住宅ローンはとっても大きな買い物。しっかりと自分に合ったところを探すようにしましょう。

おすすめサイト:審査に通りやすいおまとめローン

事故履歴と信用情報

金融系のサービスの中にも、事故と呼ばれる状態があります。

これは、交通事故などの様なものとは大きく異なり、「長期間の延滞をしている」「債務整理を利用した」などの状態があることを言います。

 

例えば、あなたがA銀行で借金を踏み倒したとしましょう。これは相当な事故情報です。そこから逃げて、今度はB銀行で融資の申し込み…と思ったのもつかの間、ほぼ100%に近い確率で、融資を受けることはできません。

 

あなたの金融情報は、信用情報機関というところに登録されており、そこの情報を見て、各金融機関は審査を行うのです。

 

【信用情報について知ろう】

日本国内で言うと、CIC、JICC、全国個人信用情報センターというところなどで管理されています。カーローンや教育ローン、フリーローン、カードローン、クレジットカードの契約などの際には、こういった信用情報への情報照会および登録がされることになります。

 

一般的に言われている「ブラックリスト」の状態でないかどうか、ここでチェックすると言っても間違いないでしょう。ちなみに、ブラックリストという名称のリストは実在しません。金融事故履歴のある人を、俗称でそう呼ぶだけです。

 

信用情報は金融機関が照会するものですが、もちろん個人でも照会することが可能です。

郵送の場合、1000円ほどの費用が掛かりますが、上記の信用情報機関等でチェックすることができます。

 

【事故履歴は一生残る?】

ブラックリストに掲載されている状態になったら、それが一生涯残るのか。否、実は数年経つと、こういった履歴は抹消され、金融機関からもわからない状態になります。

 

こうなってしまえば、新たな融資なども受けられると言っていいでしょう。でも一点だけ注意してほしい点があります。

 

例えば、どこかの銀行を踏み倒して事故履歴が残ったとしましょう。信用情報機関では確かに確認できなくなりますが、その銀行には一生記録が残りますので、ずっと融資は受けられないと思った方がいいでしょう。

個人でお金を借りるなら

s

個人でお金を借りたいということもあるでしょう。そういった時におすすめなのがフリーローンと呼ばれるローンです。教育ローン、カーローン、住宅ローンといった風に用途が決まっているローンではなく、比較的自由に利用できる商品となっています。

若干、金利が高いといったデメリットはありますが、かなり使い勝手はよくなっています。

 

銀行、消費者金融、信販会社などでもこういったサービスの利用ができますので、是非チェックされてみてください。

 

【銀行でのフリーローン】

 

銀行の場合、キャッシングサービス、カードローンといった形でフリーローンが用意されています。

申し込みをしたら審査結果を待ち、限度額に応じて利用することが可能。利用しなければもちろん一円の維持費もかかりません。

 

最近は、低金利のサービス、キャンペーンで無利子になるサービスなど、いろいろな商品が増えてくるようになりました。

できるなら、金利が安く、使い勝手がいいものを選びたいものです。

 

【消費者金融でのフリーローン】

 

消費者金融の場合も、銀行同様、キャッシング、フリーローンといった形でローンが用意されています。

これらのローンは、銀行系よりも審査が甘く、金利が高くなるのが特徴となっています。モビット、レイク、プロミス、アコム、アイフルなど知名度の高い消費者金融が人気になっているようです。

 

 

【信販会社でのローン?】

 

信販会社という言葉になじみがない人もいるかもしれません。簡単に言うと、クレジットカード会社のようなところになります。

こういったところでも、キャッシングサービスが準備されています。カードをお持ちの方の場合、キャッシングサービスの追加申し込みで、クレジットカードにキャッシング機能が付帯され、ショッピング枠と別に利用することができるようになります。

 

海外に行ったときなどでも対応できるものが多く、こちらも大変便利です!